ニュースな情報☆芸能・趣味・悩みTOP ≫  芸能ネタ ≫  島津亜矢の帰らんちゃよかを聞いてばってん荒川偲ぶ

島津亜矢の帰らんちゃよかを聞いてばってん荒川偲ぶ

今夜のNHK歌謡コンサートは望郷がテーマの演歌でした。

大好きな島津亜矢さんが出演していたので見ました。

歌われたのは「帰らんちゃよか」

久々に聴き懐かしかったです。

この「帰らんちゃよか」は関島秀樹さんの作詞作曲で
ばってん荒川さんが歌ったのを初めて聞いた時
涙が出て止まりませんでした。


年老いながらも夫婦睦まじく田舎で暮らす親。
子供は都会で頑張っている。
離れて暮らしていることを寂しくないといえば嘘だけど
大事なのは子供が夢を捨てずに歩んでいくこと。
心配しなくていいよ、帰ってこなくていいよ・・・


私は親元でずっと過ごしてきたのですが
近所に住む伯母夫婦は息子家族と離れて暮らしています。

電話でお互いの身体を気遣っているようですが
なかなか帰ってこれず詫びる息子に
「よかよか、帰ってこんでも。何も心配せんでよかよ。」
そう言っている叔母と歌詞がダブります。


この「帰らんちゃよか」は熊本弁ですが
お互い想い合っている親子の姿は全国の皆さんが共感できるものではないでしょうか。


島津亜矢さんは歌唱力がある方で
歌からドラマが見えてきます。

「帰らんちゃよか」は熊本弁で
「かいらんちゃよか」とも発音します。

島津亜矢さんがそう歌ってくださっていたので
聞いていてとても嬉しかったです。


でも、この歌はばってん荒川さんの枯れた年季の入った声のほうが
もっと好きです。


私自身が熊本の人間だからだというのもあるでしょうね。







Copyright (C) ニュースな情報☆芸能・趣味・悩み. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。